NTTグループの2つの光回線、OCN光とフレッツ光の違いを検証!

NTTグループの2つの光回線、OCN光とフレッツ光の違いを検証!OCN光

高速インターネット通信が出来るIPoE接続を標準装備したことで何かと話題のOCN光

実はNTTの運営しているフレッツ光とかなり深イイ関係にあるらしいんです。

一体この2つの回線にはどんな関係が?

よくよく調べてみると、実はOCN光もフレッツ光もNTTグループの運営している光回線インターネットサービスだということが分かりました!

両者は同じ回線を利用していますが、速度や料金などにはかなり違いがあります。

ということで今回はNTTグループの光回線、フレッツ光とOCN光の違いについて検証していきたいと思います。

正規代理店NNコミュニケーションズは、現在「OCN光」の新規受付を停止しています。
申し込みを検討いただいていたお客様には大変申し訳ございません。
下記WEBサイト「インターネット契約 虎の巻」で、おすすめの光回線について詳しく紹介していますので、よろしかったらぜひこちらをご覧ください。

>インターネット回線の各種おすすめ窓口はこちら

フレッツ光とは

フレッツ光は電話会社のNTTが運営しているインターネットサービスです。

テレビCMなどを流していることもあるのでインターネットに詳しくなくても『フレッツ光の名前は聞いたことがある』という人も多いのではないでしょうか。

NTTが全国各地に張り巡らせた光ファイバー網を用いて高速通信を行い、最大通信速度は1Gbps(一部エリアでは10Gbps)を誇ります。

そのフレッツ光の特徴は、300社以上もある提携プロバイダから自分で好きな事業者を選択できる事。

プロバイダによって料金や利用できるサービスに違いがあるので、自分の条件に合ったところを選ぶことができます。

またNTTは東日本エリアと西日本エリアで会社が2つに分かれていて、併せてフレッツ光も東西でプラン内容や料金に違いがあります。

フレッツ光 東日本エリア・西日本エリア
東日本エリア

北海道エリア:北海道

東北エリア:青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県

甲信越エリア:山梨県、長野県、新潟県

関東エリア:茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県

西日本エリア

北陸エリア:石川県、富山県、福井県

中部エリア:岐阜県、静岡県、愛知県

近畿エリア:三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県

中国エリア:鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県

四国エリア:徳島県、香川県、愛媛県、高知県

九州エリア:福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県

沖縄エリア:沖縄県

OCN光は光コラボレーション

OCN光はプロバイダのOCNが運営している光コラボレーションサービスです。

光コラボレーションとは、プロバイダなどの事業者が全国に張り巡らされているフレッツ光回線を借り、自社のサービスを付加して展開している光回線を指します。

つまりOCN光は回線はNTT(フレッツ光)プロバイダはOCNの光回線サービスということですね!

光コラボレーションとは

では冒頭のOCN光とフレッツ光の深イイ関係とは回線がNTTだからという事だったんでしょうか。

いえいえ、NTT回線を利用した光コラボレーションは他にもソフトバンク光、ビッグローブ光、So-net光プラスなどなどたくさん存在していますが、OCN光には他光コラボレーションとも一線を画す深イイ理由があります。

実はOCN光はNTTのグループ会社が運営している光回線なのです!

OCNはNTTコミュニケーションズのプロバイダ事業名

OCNはOpen Computer Networkの頭文字をとったもので、NTTコミュニケーションズ株式会社が運営するプロバイダ事業のブランド名です。

プロバイダの会社名では無かったんですね。

尚、OCN公式サイトの概要欄にはこのように記載されています。

会員数No.1のインターネットプロバイダー、OCNのご案内。フレッツ光やモバイル、ADSLに対応した接続プランのほか、サポートサービスも充実。

OCN公式サイト

実はプロバイダとしては会員数No.1みたいなんです。

ネームバリューとしてはビッグローブとかYahoo! BBの方が有名な様な気がしてしまいますが、さすがNTTグループですね!

OCN光とフレッツ光は何が違うの?

フレッツ光は300社以上ある提携プロバイダからお好きな事業者を選べると紹介しましたが、その中にはOCNも含まれています。

フレッツ光回線を契約しプロバイダにOCNを選択した形態が『OCN 光 with フレッツ』です。

これ、回線はNTT(フレッツ光)、プロバイダはOCNなのでOCN光と全く同じなんですよね。

しかし運営会社が異なる(まあどちらもNTTグループですが)ことで実際にはいろいろと違いがあります。

ここでは料金と速度の違いについて紹介いたします。

OCN光とフレッツ光の料金の違い

光回線の月額料金は戸建てか、集合住宅(マンション・アパート)かによって分かれていることが多く、OCN光とフレッツ光も同様です。

フレッツ光は東西に会社が分かれている関係で、東日本エリアか西日本エリアかでも料金が異なります。

またフレッツ光のマンションタイプは建物内の配線方式や、同建物内における契約見込み軒数(多い方が安くなる)によって細かくプランが分かれています。

そんなわけでフレッツ光の料金はかなり複雑なんですよね。

一方OCN光のマンションタイプは料金一律です。

同じNTTグループなのになんでこうも違うんでしょうね?

OCN光とフレッツ光の月額料金を表にまとめました。

戸建てタイプマンションタイプ
OCN光
(2年自動更新型割引適用)
5,610円(税込)3,960円(税込)
OCN光 with フレッツ
東日本エリア
6,710円(税込)4,565円(税込)~5,390円(税込)
OCN光 with フレッツ
西日本エリア
5,940円(税込)4,026円(税込)~5,236円(税込)

ご覧いただいた通りOCN光の方がリーズナブルに設定されています!

特に東日本エリアの戸建てタイプで比べると約1,000円も差がありますね。

速度の違い

OCN光とフレッツ光は同じ回線を利用していますが、速度についてもそれぞれ特徴があります。

フレッツ光は10Gbpsの提供を開始

フレッツ光は最近まで最大通信速度1Gbpsのプランが最速でしたが、それを大きく上回る新プランが登場しました。

最大通信速度10Gbpsの超高速プラン『フレッツ光クロス』です。

フレッツ光クロス

ほとんどの光回線は最大通信速度1~2Gbpsですので、10Gbpsはかなりの差別化になりますよね!

しかし1GbpsだってモバイルWi-FiやADSLなど他のインターネット回線に比べたら充分高速なのに、その10倍・・・どれだけ速さを求め続けるのでしょうか?

超高速プランの誕生には、4K・8Kなど映像コンテンツの高品質化や、オンラインゲームやVRなど大容量データ通信を行うサービスの増加等の背景があるようです。

とはいえ、フレッツ光クロスの利用できるエリアはまだかなり限定的です。

≪フレッツ光クロス 提供エリア≫

NTT東日本東京都23区の一部
(足立区、杉並区、江戸川区、練馬区、
世田谷区、葛飾区、大田区、板橋区、目黒区、中野区、品川区、北区、狛江市、調布市、三鷹市)
NTT西日本大阪市/名古屋市

もちろん今後エリアは拡大していくでしょうし、今後はフレッツ光回線を利用している光コラボレーションでも10Gbpsのプランが拡大していくのではないかと思います。

OCN光はIPoE(IPv4 over IPv6)を標準装備

OCN光の最大通信速度は1Gbpsです。

フレッツ光クロスの10Gbpsに比べるとかなり見劣りしてしまいますよね。

しかし、OCN光には高速・快適にインターネットが利用できるIPoE(IPv4 over IPv6)を標準装備しているという強みがあります!

IPoE(IPv4 over IPv6)を簡単に説明すると回線が混雑しにくい新しい通信方式で、夜間や休日などネット利用者が多くなる時間帯でも安定して高速インターネットを楽しむことができます。

>v6アルファとは

他光回線でも似たような仕組みを導入しているところもありますが、その多くは別途申し込みや設定が必要です。

詳しい方は自分で申し込みや設定をすればよいのですが、あまり詳しくない方はIPoE(IPv4 over IPv6)に切り替える方法が分からず、『なんか家のインターネット遅いんだよなぁ』と不満に思いながら使い続けているケースも多いと思うんです。

OCN光はデフォルトでIPoE(IPv4 over IPv6)接続になっているため、申し込みや設定が必要無く、誰でも簡単に高速インターネットが利用出来るところに特徴があります。

IPoE(IPv4 over IPv6)接続について詳しくはこちら↓

OCN光に乗り換えがおすすめ!

OCN光とフレッツ光を比較してみて『OCN光の方が良い!』と思った方も多いのではないでしょうか。

特に月額料金の差は結構大きいですよね。

月1,000円違えば年間にすると12,000円もの差になってしまいます。

実は今、フレッツ光はどちらかというと法人客の獲得に力を入れていて、個人のお客様にはあまりお勧めできない光回線となってしまっています。

現在フレッツ光には個人向けのキャンペーンやサービスはほとんど無く、月額料金も少し高めなので正直に言って利用するメリットがありません。

一方、OCN光などの光コラボレーションはライバルが多いため、魅力的なキャンペーンや独自の割引サービスを打ち出して集客に力を入れています。

これから申し込むなら間違いなく光コラボレーションがおすすめですし、もし現在フレッツ光を利用しているなら光コラボレーションに乗り換えてしまった方がお得ですよ。

フレッツ光からOCN光に転用する方法

フレッツ光から光コラボレーションにスムーズに乗り換えられるシステムを転用と言います。

転用を利用するとフレッツ光の解約金や新規回線の工事が不要になるため、手間やコストを大幅に抑えて乗り換えが可能です。

転用

転用はまずNTTに転用承諾番号を発行してもらうことから始めます。

この転用承諾番号をフレッツ光と光コラボレーション事業者が共有することで、スムーズな乗り換えを実現しているわけです。

対応エリアのNTTに電話して転用承諾番号を発行してもらいましょう。

尚転用番号の取得には以下の情報が必要です。

  • 「お客様ID」または「ひかり電話の電話番号」もしくは「契約者の連絡先電話番号」
  • フレッツ光回線の契約者名
  • フレッツ光の利用場所住所
  • フレッツ光利用料金の現在の支払い方法
NTT東日本

電話番号:0120-140-202

《受付時間》9時~17時 土日祝日可
(年末年始除く)

NTT西日本

電話番号:0120-553-104

《受付時間》9時~17時 土日祝日可
(年末年始除く)

WEBで転用承諾番号を受け取る場合の方法はこちらを参照ください↓
転用承諾番号の取得方法|OCN光お申し込みキャンペーンサイト
転用(フレッツ光を利用中)でOCN光に乗り換える場合は、NTTが発行する「転用承諾番号」が必要です。 こちらのページの手続き方法に従って「転用承諾番号」を取得してください

転用承諾番号を受け取ったらOCN光に申し込みます。

申し込みの際に転用である旨と転用承諾番号を伝えましょう。

※転用承諾番号の有効期限は取得日当日より15日間です。

注意:転用はフレッツ光に戻すことは出来ない

転用はフレッツ光から光コラボレーションにスムーズに乗り換えるシステムですが、その逆パターン、光コラボレーションからフレッツ光に乗り換えることはできません。

どうしても光コラボレーションからフレッツ光に戻したい場合は、一度現回線を解約して、また新規でフレッツ光に加入するしかありません。

当然解約違約金や新規開通工事費もかかってしまいます。

OCN光とフレッツ光の違いを検証!まとめ

ともにNTTグループの光回線、フレッツ光とOCN光の違いについて解説しました。

今記事のまとめです。

  • フレッツ光はNTTが運営する光回線
  • OCN光はNTTコミュニケーションズがフレッツ光回線を借りて運営している光コラボレーション
  • 個人のお客様には月額料金が安くて高速インターネットが出来るOCN光がおすすめ!

同じグループなのに光回線サービスが2つもあるのは『法人のお客様はフレッツ光、個人のお客様はOCN光』に住み分けを進めたいという思惑があるのかもしれませんね。

もしこれからフレッツ光を申し込もうと考えていたなら、同じNTTグループのOCN光に考え直してみませんか?

またフレッツ光を現在ご利用中の方はOCN光への転用を検討してみましょう。

OCN光は代理店からの申し込みがお得です!

OCN光はネット代理店からの申し込みがお得です。

なぜなら代理店独自のキャッシュバックが受け取れるから!

公式から申し込んでも代理店から申し込んでも速度やサービスに違いはありませんので、せっかくならキャッシュバックが受け取れる代理店から申し込んだほうが断然お得です。

正規代理店NNコミュニケーションズのキャンペーン内容

正規代理店NNコミュニケーションズは、現在「OCN光」の新規受付を停止しています。
申し込みを検討いただいていたお客様には大変申し訳ございません。
下記WEBサイト「インターネット契約 虎の巻」で、おすすめの光回線について詳しく紹介していますので、よろしかったらぜひこちらをご覧ください。

>インターネット回線の各種おすすめ窓口はこちら

タイトルとURLをコピーしました