ドコモ光×OCNインターネットの【マンション】料金を解説!

ドコモ光×OCNインターネットの【マンション】料金を解説!

本記事にはプロモーションが含まれています。

インターネット業界では最も有名と言っても過言ではない老舗プロバイダの『OCN』は、2023年7月に『OCNインターネット』と名称を変えて新しく提供開始しました。

名前が変わったのは知っているけど、料金やサービスはどうなるんだろう……
マンションで使うなら気にしなくていいのかな?

集合住宅でネットの導入を考えている方は、こんな疑問を持っているはずでしょう。

結論から言えば、ドコモ光のプロバイダ『OCN』は、タイプBからタイプAに移籍したことで月額料金が安くなりお得に使えるようになりました!

さらに、ドコモスマホユーザーなら、ドコモ光セット割で通信費だけでなくスマホ料金まで安くなりますよ。

この記事では、マンションやアパートでドコモ光を検討中の方に向けて、リニューアルしたプロバイダ『OCNインターネット』の料金の部分を詳しく解説します。

以下のボタンでは、ドコモ光の申し込みにおすすめの代理店を厳選して2社紹介しております。申し込みで損しないハズレなしの代理店です。今なら高額キャッシュバックキャンペーン実施中!

ドコモ光を検討中なら以下のボタンをクリックしてご活用ください。

絶対に失敗しない窓口は2社

ドコモ光代理店徹底比較

目次

OCNインターネットは【タイプA】のプロバイダ

ドコモ光には、現時点で21社のプロバイダがあり、【タイプA】【タイプB】の2つに分類されています。

タイプAタイプB
OCNインターネット
GMOとくとくBB
@nifty、andline
SIS、ic-net、hi-ho
BIGLOBE、BB.excite
Tigers-net、SYNAPSE
エディオンネット
楽天ブロードバンド
DTI、@ネスク、TiKiTiKi
@TCOM
TNC
AsahiNet
@ちゃんぷるネット
WAKWAK

ご覧の通り、OCNインターネットはドコモ光【タイプA】に属するプロバイダです。

しかし、少し詳しい方ならこう思うかもしれません。

OCNって【タイプB】のプロバイダだったような気がするんだけど?

その通り。
実は、『OCN』が『OCNインターネット』にリニューアルする以前(2023年6月まで)は、ドコモ光【タイプB】のプロバイダに属していたんです。

これには、OCNを運営していたNTTレゾナントという会社が、親会社のNTTドコモに吸収合併されたという背景があります。

吸収されたことでOCNの一部サービスなどは終了してしまいましたが、基本的には名称が少し変わり所属が【タイプB】から【タイプA】になっただけなので、使い勝手などはほぼ同じだと思って下さい。

OCNインターネット【マンション】の月額料金

では早速、ドコモ光×OCNインターネット【マンションプラン】の月額料金から見ていきましょう。以下、マンションの月額料金は1ギガプランです。

参考になるように、タイプBの月額料金も載せてあります。

タイプA
(OCNインターネット)
タイプB
(旧OCN)
マンションプラン4,400円4,620円

ご覧の通り、タイプBよりもタイプAのほうが月額料金が220円安いです。

これはOCNインターネットだけではく、タイプAに属する全てのプロバイダに当てはまることであるため、ドコモ光はタイプAのほうが少しお得だと言い換えることができます。

ちなみにこの月額料金は2年定期契約プランの場合であり、更新月以外で解約すると月額料金と同じ額の違約金(つまりマンションプランの方は4,400円)がかかります。

ワンポイントアドバイス

契約期間の縛りが無いプランの場合は違約金はかかりませんが、その分月額料金が1,000円以上高くなってしまうので契約する人はほとんどいません。

以下の関連記事では、ドコモ光「OCNインターネット」1ギガプランの料金について解説しています。あわせてご確認ください。

OCNインターネット【マンション】の初期費用

次に、OCNインターネットの初期費用についてです。

初期費用は大まかに分けると「事務手数料」と「開通工事費」があります。

事務手数料

ドコモ光事務手数料3,300円

これはドコモ光の全プラン、タイプA・タイプBかかわらず全プロバイダに共通してかかる費用です。

ドコモ光以外の他社インターネット回線でも、基本的にはこれと同程度の事務手数料がかかってくると思って下さい。

開通工事費

マンションプラン
ドコモ光開通工事費22,000円

OCNインターネット選択時に限らずタイプA・タイプB全てのプロバイダで、ドコモ光の工事費はマンションプランの場合は22,000円と決められています。

ドコモ光に限らず光コラボレーション事業者の多くが、工事費は大体このくらいの金額に設定しています。

ただ、この工事費は「ネット契約のみ」「工事日が平日」という条件下での金額です。

例えば、

  • 光電話やその他オプションを追加した
  • 特殊な配線工事などが必要になった
  • 土日祝や夜間に工事をした

このようなケースでは、上記の基本工事費に加えて『追加工事費』が発生する可能性があるので注意しておきましょう。

お得なキャンペーン
初期工事費無料

ドコモ光では、新規工事費(追加工事費を除く)が無料になるキャンペーンを実施しているので、初期費用をグッと抑えることができます。

以下の関連記事では、ドコモ光「OCNインターネット」の工事費について解説しています。あわせてご覧ください。

マンションプランが契約できないケース

ドコモ光×OCNインターネットを、マンションプランで利用するためには、その建物にあらかじめ「NTTの設備」が導入されている必要があります。

以下はフレッツ光のエリア検索ページに飛びます。ドコモ光はフレッツ光の回線を利用しているので、フレッツ光が10ギガ対応していれば、ドコモ光も対応しています。安心してください。

NTT東日本公式サイトはこちら
NTT西日本公式サイトはこちら

検索画面上に物件名などが出てくれば基本的にはマンションプランで契約可能です。
空きポートが無い・配管が潰れているなどのイレギュラーなケースを除く)

しかし、「NTTの設備」が導入されていなかった場合は、残念ながらマンションプランでの契約はできず、戸建てプランでの契約となります。

契約するプランが変わってくるので、月額料金や初期費用も全て戸建てプランとなります。

参考:戸建てプランの料金

戸建てプランマンションプラン
月額料金5,720円4,400円
事務手数料3,300円
開通工事費22,000円22,000円

開通工事費はどちらのプランもキャンペーンで無料になるためあまり影響はありませんが、ランニングコストが変わってくるのは大きいですよね。

また、集合住宅に戸建てプランを導入するには越えなければならないハードルがいくつかあります。

  • 建物の管理会社やオーナーの許可を取る(外壁に穴開けやビス止めの可能性)
  • 建物の構造上の問題で配線ができるかわからない
  • 工事までの期間が延びるためネットが使えない期間も長くなる

これらの注意点をクリアできれば、建物に設備が導入されていなくてもドコモ光×OCNインターネットを利用することは可能となります。

ワンポイントアドバイス

戸建てプランでの申し込みもできない・したくないという方は、工事不要でコンセントに差すだけでネット環境が構築できる『ホームルーター』も視野に入れておくと良いでしょう。

以下の関連記事では、ドコモ光「OCNインターネット」戸建ての料金について解説しています。あわせてご覧ください。

ドコモ光セット割でスマホ料金を節約

ドコモ光 セット割

自宅のネット回線をドコモ光×OCNインターネットにしたとして、スマホもドコモにすれば【ドコモ光セット割】が適用できます。

ドコモスマホ1台につき最大1,100円割引になるので、自分の1台でも十分お得に、家族にドコモユーザーがいれば更にお得に利用できます。

ワンポイントアドバイス

ドコモ光セット割の適用範囲は、3親等以内の離れて暮らす家族もOK。最大で20回線まで組めるので家族全員ドコモスマホで揃えてしまうのもオススメです。

また、ドコモの新プラン『eximo』『irumo(※0.5GB以外)』ももちろん割引対象になりますが、オンライン専用プランである『ahamo』はドコモ光セット割対象外となっています。

これはahamoの元々の月額料金が格安に設定されていることが要因です。

OCNインターネットに関するよくある質問

最後に、OCNインターネットの料金関連のよくある質問をまとめました。

マンションでもドコモ光10ギガプランは契約できますか?

10ギガプランの提供エリアであれば契約可能です。
月額料金は6,380円となります。

旧OCNユーザーがOCNインターネットにするにはどうすればいいですか?

自動では切り替わらず、プロバイダ変更手続きが必要です。
その際、プロバイダ変更手数料として3,300円が発生します。

ドコモ光セット割は結婚していないパートナーは対象外ですか?

法律上の結婚をしていなくても、互いに婚姻の意思を持って夫婦として共同生活を行っている場合(いわゆる事実婚や同性パートナー)も対象になります。

まとめ

集合住宅にお住いの方に向けて、ドコモ光×OCNインターネットの料金を解説しました。

要点をおさらいしておきましょう。

  • OCNインターネットはドコモ光【タイプA】のプロバイダであり、【タイプB】のプロバイダよりも月額料金が220円安い
  • ドコモスマホユーザーなら、ドコモ光セット割の適用で最大1,100円割引になる
  • マンションにNTTの設備が導入されていない場合は、戸建てプランでの契約となるため料金も高くなる

ドコモ光のプロバイダ「OCN」は、「OCNインターネット」としてリニューアルし、タイプBからタイプAに移籍したことで月額料金もお得になりました。

ただ、集合住宅でドコモ光×OCNインターネットを利用するには、大前提として建物にNTTの設備が導入されている必要があります。

まずはエリア確認をして、キャンペーンを使ってお得に申し込みましょう!

以下の関連記事ではドコモ光「OCNインターネット」の料金についてまとめました。マンションだけでなく戸建て、1ギガプラン・10ギガプラン・工事費など料金に関するあらゆることを掲載しています。

ドコモ光「OCNインターネット」の料金について知りたいことがあれば、ご確認ください。

この記事を書いた人

大手携帯電話会社や家電量販店などで勤務しながら、さまざまなネット回線の案内をおこなってきました。
この知識と経験を活かし、皆さんのインターネットに関する悩みや疑問を解消できるようなわかりやすい記事を書いていきます。

この記事を監修した人

桂一
「」

NNコミュニケーションズでチームリーダーを務め、通信分野25年の豊富な経験を有しています。最新の業界動向に精通し、新しい才能の育成にも注力。顧客からの厚い信頼は、私の深い知識と豊かな実績の賜物です。インターネット接続技術に精通しており、専門性を生かしてブログの監修をおこなっています。当サイトは、あなたが直面する課題を深く理解し、最適な解決方法の提示が目的です。

目次