ドコモ光への事業者変更手順解説!他社光回線から簡単乗り換え

ドコモ光への事業者変更手順解説!他社光回線から簡単乗り換え

本記事にはプロモーションが含まれています。

ドコモ光への事業者変更は、7つの手順を踏むことで、スムーズかつ簡単に乗り換えをおこなえます。当記事では、事業者変更の手順と必要な準備について解説します。

事業者変更の手順
  1. 事業者変更承諾番号を取得する
  2. ドコモ光に申し込む
  3. 代理店から電話がかかってくる
  4. 開通日を確認する
  5. 書類が届く
  6. ドコモ光へ切り替えをおこなう
  7. ドコモ光の利用を開始

あなたは。現在の光回線に不満を感じていませんか?

在宅勤務が増えたり、家族でインターネットを利用する機会が多くなったりする昨今、安定した速度とサービスが求められています。

現在の光回線に不満をお持ちならドコモ光への事業者変更がおすすめ。なぜなら、コストパフォーマンスの高さや、今よりも快適なネット通信となる可能性があるからです。

しかし、事業者変更を考える際には、いくつかの不安があります。例えば、事業者変更の方法や違約金の問題などです。

当記事では、ドコモ光へ事業者変更する手順やメリット・注意点などを紹介します。

記事を読めば、事業者変更の手順がわかり、スムーズに乗り換えられます。事業者変更のメリットや注意点を知れば、申し込みで失敗しなくなります。快適にドコモ光へ乗り換えられるでしょう。

ぜひ、当記事を読んでドコモ光への乗り換えにお役立てください。

以下のボタンではドコモ光の代理店を比較してまとめています。おすすめの代理店を厳選して2社紹介。事業者変更でドコモ光に申し込む予定なら、ぜひご活用ください。

絶対に失敗しない窓口は2社

ドコモ光代理店徹底比較

目次

ドコモ光へ事業者変更する7つの手順

ドコモ光へ事業者変更する7つの手順
ドコモ光へ事業者変更する7つの手順

ドコモ光へ事業者変更をする手順を説明します。事業者変更は7つの手順となっています。

事業者変更の手順
  1. 事業者変更承諾番号を取得する
  2. ドコモ光に申し込む
  3. 代理店から電話がかかってくる
  4. 開通日を確認する
  5. 書類が届く
  6. ドコモ光へ切り替えをおこなう
  7. ドコモ光の利用を開始

他社光回線からの乗り換えには、事業者変更承諾番号の取得が必須です。番号は現在契約中の光コラボ事業者から発行され、11桁の英数字で構成されます。有効期限は取得後15日間となっています。

ドコモ光への申し込みをします。代理店やドコモ光公式サイトから申し込み可能です。解約違約金が心配な方は、ドコモ光公式サイトの解約違約金負担キャンペーンを利用すると良いでしょう。

申し込み後、代理店からサービス内容やキャンペーンについての説明の電話があります。取得した事業者変更承諾番号を忘れずに!

開通日の確認は、ドコモ光サービスセンターへあなた自身で連絡を取り、確認します。

ドコモ光から必要書類が届きます。開通案内やプロバイダからのID、パスワードが含まれます。

ドコモ光への切り替えは、既存の光ファイバーケーブルを利用するため、工事は不要です。届いた書類にしたがってインターネット接続設定をおこない、ドコモ光の利用を開始します。

プロバイダIDとパスワードの設定変更を忘れないようにしましょう。スムーズにドコモ光への乗り換えが完了します。

さらに詳しくは次で紹介します。

手順1:事業者変更承諾番号を取得する

ドコモ光事業者変更の手順1つ目は、事業者変更承諾番号の取得です。事業者変更承諾番号は、現在契約している光コラボ事業者に連絡して取得します。

光コラボ事業者ごとに事業者変更承諾番号の取得方法が異なります。以下の表は、主な光コラボ事業者と取得方法をまとめたものです。

ソフトバンク光・0800-111-6710(通話料無料)
・受付時間:10時~19時
楽天ひかり申請フォームから取得
ビッグローブ光予約フォームから取得
So-net光・0120-45-2522
・受付時間:9時~18時
@nifty光・03-6625-3265
・受付時間:10時~17時

以下に事業者変更承諾番号の構成例を記載します。

  • 東日本の事業者変更承諾番号:F-0208-987654
  • 西日本の事業者変更承諾番号:T-0208-987654

事業者変更承諾番号は11桁の英数字で構成されており、東日本の場合は頭文字が「F」、西日本の場合は「T」となります。有効期限は取得日を含む15日間ですので、期限内に手続きを完了させましょう

「F」と「T」の次の4桁の番号は有効期限です。上記の例だと2月8日までが事業者変更承諾番号の有効期限です。期限がすぎると再取得となります。最後の6桁は個別の番号です。

事業者変更承諾番号を取得した後は、有効期限内にドコモ光への申し込みを進めることが重要です。

手順2:ドコモ光に申し込む

ドコモ光事業者変更の手順2つ目は、「ドコモ光に申し込む」です。代理店またはドコモ光公式サイトから申し込めます。

どちらで申し込むかは、あなたのニーズによって異なります。申し込みにおすすめの代理店NNコミュニケーションズとドコモ光公式のメリットをお伝えします。

代理店NNコミュニケーションズを利用するメリットは、現金キャッシュバックです。NNコミュニケーションズは、キャッシュバックを最短1ヵ月で受け取れます。キャッシュバック額は10ギガプランなら35,000円、1ギガプランなら25,000円です。

キャッシュバックを早くもらいたいならNNコミュニケーションズがおすすめです。代理店を選ぶ際は、キャッシュバックの額や受け取りまでの期間、その他のキャンペーン内容をよく確認しましょう。

ドコモ光代理店NNコミュニケーションズのキャンペーンや評判・メリットなどの詳細はこちら

ドコモ光公式サイトからの申し込みの大きなメリットは、解約違約金負担キャンペーンの存在です。キャンペーンは、乗り換えにともなう違約金をdポイントで最大11,000pt負担してくれます。

事業者変更の乗り換えで違約金が発生する場合に非常に有効です。

ドコモ光への申し込み方法は、代理店と公式サイトの2つがあります。キャッシュバックを優先する場合は代理店、違約金のサポートを重視する場合は公式サイトを選択すると良いでしょう。

以下のボタンからドコモ光代理店NNコミュニケーションズの公式サイトへアクセスできます。ドコモ光に申し込む際の参考にしてください。

\キャッシュバック35,000円進呈

振込は最短1ヵ月!

手順3:代理店から電話がかかってくる

ドコモ光事業者変更の手順3つ目は、「代理店から電話がかかってくる」です。

申し込みをおこなった後、しばらくすると代理店からサービス内容の確認や、手続きのための電話がかかってきます。ドコモ光公式から申し込んだ場合は、代理店ではなく公式から電話がかかってきます。

ドコモ光について詳しく説明されます。サービスの特徴や、料金プラン、利用できるオプションサービスなどの説明です。不明点や疑問があればこのタイミングで質問しましょう。

電話では、ドコモ光を設置する住所の確認がおこなわれます。申し込み時に教えた住所情報に誤りがないか、もう一度確認する機会なので、正確な情報を伝えることが重要です。

申し込み時に適用可能なキャンペーンについての案内もあります。キャッシュバックや特典の詳細、適用条件などが説明されるため、メモを取るなどして情報を正確に把握しておくと良いでしょう。

ただし、不親切な代理店だとキャンペーン案内はされません。キャンペーンの話をされなかったらあなたから話を切り出しましょう。話を切り出さないとキャンペーンが適用されない可能性が高いです。

私がおすすめするNNコミュニケーションズはあなたから話さなくても、キャンペーンの案内をしてくれるので安心してください。

事業者変更承諾番号を代理店に伝えるのを忘れないでください。事前にメモしておくなどして、電話がかかってきた際にすぐに伝えられるようにしておきましょう。

手順4:開通日を確認する

ドコモ光事業者変更の手順4つ目は「開通日を確認する」です。具体的なドコモ光の開始日を知るために、「ドコモ光サービスセンター」にあなた自身で連絡します。

ドコモの携帯電話から15715(通話料無料)
一般電話から0120-766-156
受付時間10時~20時
ドコモ光サービスセンター

電話をかける際は、手元に筆記用具を用意して、開通日などの重要情報をメモできるようにしておくと便利です。

開通日の確認のほか、開通に必要な手続きが残っていないか、開通日に何か準備すべきことがあるかなど、詳細を確認しましょう。

手順5:書類が届く

ドコモ光事業者変更の手順5つ目は「書類が届く」です。

開通日の確認後、ドコモ光開始に向けて、さまざまな書類が郵送されてきます。書類は、ドコモ光利用開始に必要な情報を含んでおり、非常に重要です。

書類は3種類送られてきます。

郵送される書類
  • ドコモ光からの書類
  • 代理店からの書類
  • プロバイダからの書類

■ドコモ光からの書類

開通の案内やサービス利用に関する重要な情報が記載されています。具体的な開通日時や、設定に必要な手順などが含まれている場合が多いです。

■代理店からの書類

申し込み時に利用した代理店からは、適用されるキャンペーンの詳細に関する書類が送られてきます。キャッシュバックの申請方法や、特典を受け取るための条件などが記載されています。

■プロバイダからの書類

インターネット接続に必要なプロバイダのIDとパスワードが掲載された書類が届きます。IDとパスワードはインターネット設定時に必要となるため、重要です。

届いた3種類の書類は、ドコモ光開通時だけでなく、サービス利用中にも参照する可能性があるため、大切に保管してください。プロバイダのIDとパスワードは、設定変更やトラブル時に必要となる情報です。

書類に記載されている手順や条件は、サービスやキャンペーンによって異なる場合があります。詳細は書類をよく読み、指定された手順にしたがっておこなってください。

届いた書類は、ドコモ光をスムーズに開始し、キャンペーンや特典を最大限に活用するための重要なものです。丁寧に読み、必要な情報をしっかりと把握しておくことをおすすめします。

手順6:ドコモ光へ切り替えをおこなう

ドコモ光事業者変更の手順6つ目は「ドコモ光へ切り替えをおこなう」です。

事業者変更の際、既に引かれているNTTの光ファイバーケーブルを使用します。新たにケーブルを引く必要がなく、手間やコストを節約できます。

既存の光ファイバー設備を利用するため、開通工事をおこなう必要がありません。迅速にドコモ光の切り替えが可能となり、工事費用もかかりません。

切り替え作業は、基本的にドコモ光と現在契約中の光コラボ事業者間でおこなわれます。あなたがおこなう作業は少なく、事業者からの指示に従う形となります。

切り替えによりドコモ光の利用が開始されます。切り替え作業は非常にスムーズで、あなたが複雑な手続きをおこなうことはありません。

手順7:ドコモ光の利用開始

ドコモ光事業者変更の手順7つ目は「ドコモ光の利用開始」です。

ドコモ光への切り替え作業が完了した後、パソコンやスマートフォン、ゲーム機など、インターネットを使用するすべてのデバイスの接続設定をおこないます。

以下のポイントを確認しながら進めましょう。

  • プロバイダIDとパスワードの準備: 切り替えにともない、届いた書類に記載されているプロバイダIDとパスワードが必要です。
  • デバイスの接続設定: パソコンやスマートフォン、ゲーム機などのデバイスごとに、インターネット接続設定をおこないます。
  • 接続テストの実施: 設定後、インターネット接続が正常におこなわれているかを確認するために、ウェブブラウザを開いて任意のウェブサイトにアクセスしてみましょう。接続が成功していれば、サイトが正常に表示されます。

届いた書類には、接続設定に関する具体的な手順や注意点が記載されています。不明点がある場合は、これらの情報を参照すると良いでしょう。

接続設定でトラブルが発生した場合、ドコモ光のカスタマーサポートに連絡することで、解決の手助けを受けることができます。サポートの連絡先は、契約書類に記載されています。

それでも不安であればプロバイダにOCNインターネットを選ぶと、「OCN開通とことんサポート」を利用できます。

「OCN開通とことんサポート」はインターネットの接続や設定を専門業者が訪問しておこなってくれます。初回無料で利用可能です。どうしても不安な場合は利用してみるのもいいでしょう。

以上でドコモ光の利用開始の準備は完了です。快適なインターネットライフを楽しみましょう。

■参考サイト:「OCN開通とことんサポート」の詳細はこちら

ドコモ光へ事業者変更する3つのメリット

ドコモ光へ事業者変更する3つのメリット
ドコモ光へ事業者変更する3つのメリット

ドコモ光へ事業者変更するときのメリットは大きいです。ドコモ光へ事業者変更する時のメリットを3つ紹介します。

事業者変更を3つのメリット
  • ドコモ光セット割が使える
  • 工事不要で乗り換えられる
  • キャンペーンでキャッシュバックがもらえる

ドコモスマホをお持ちのあなたには、ドコモ光セット割があります。ドコモ光セット割により、スマホの月額料金が550円~1,100円安くなります。昼食1~2回分を節約できるほどです。ドコモスマホユーザーなら、この機会を逃さないでください。

事業者変更は、面倒な工事が不要です。通常、新規でインターネット回線を引く場合、戸建てやマンションで22,000円の工事費がかかります。しかし、事業者変更では工事費がかかりません。手軽に乗り換えができ、高額な初期費用を節約できます。

キャンペーンを利用してキャッシュバックを受け取ることができます。ドコモ光を代理店から申し込むと、キャッシュバックがもらえる上、dポイントもプレゼントされます。

例えば、NNコミュニケーションズから10ギガプランに申し込むと、35,000円のキャッシュバックと17,000ptのdポイントがもらえます。現金もポイントもお得です。

ドコモ光への事業者変更は、

  • 料金割引
  • 工事不要
  • キャッシュバック

といった複数のメリットがあります。利用しているスマホや現在のインターネット環境をより良くするチャンスです。

メリット1:ドコモ光セット割が使える

ドコモ光事業者変更には、ドコモスマホユーザーにとって魅力的な「ドコモ光セット割」があります。

ドコモ光セット割はスマホの月額料金から550円~1,100円を割引するサービスです。昼食1~2食分の節約に相当します。ドコモスマホをお使いなら、乗り換えを検討しましょう。

ドコモ光セット割の割引はプランによって異なります。以下はその割引表です。

スクロールできます
eximo永年
–1,100円
irumo0.5GB
3GB永年
–1,100円
6GB永年
–1,100円
9GB永年
–1,100円
5Gギガホ
プレミア
永年
–1,100円
5Gギガホ
ギガホ
プレミア
ギガホ
5Gギガライト
/ギガライト
<ステップ4:
~7GB>
永年
–1,100円
<ステップ3:
~5GB>
永年
–1,100円
<ステップ2:
~3GB>
永年
–550円
<ステップ1:
~1GB>

※「ドコモ光」定額プラン(タイプA/B/C/単独タイプ、10ギガ タイプA/B/単独タイプ)契約時の割引額です。

表からもわかるように、さまざまなプランが割引の対象となっています。ほとんどのプランで、最大1,100円の割引が受けられます

ドコモ光とスマホをセットで利用することで、毎月の通信費をお得におさえることができるのです。

メリット2:工事不要で乗り換えられる

ドコモ光へ事業者変更するときのメリットは、「工事が不要」です。

通常、ドコモ光を新規で利用する際は、工事が必要です。

工事費は以下の表にまとめました。

戸建て22,000円
マンション22,000円

しかし、ドコモ光へ事業者変更する場合、高額な工事費を心配する必要がありません。

工事不要での乗り換えは、時間と費用の節約につながり、手続きの手間を大幅に軽減します。多忙な日常を送るあなたにとって、とてもありがたいでしょう。

ドコモ光への事業者変更は、迅速にインターネット環境を整えることができます。ストレスフリーでの乗り換えが可能です。

みかの関連記事では、ドコモ光の工事費についてまとめています。工事費について知りたい、あなたは以下の関連記事をご覧ください。

メリット3:キャンペーンでキャッシュバックがもらえる

ドコモ光へ事業者変更するメリットは、「キャンペーンを利用してキャッシュバックが受け取れる」です。

ドコモ光代理店NNコミュニケーションズからの申し込みでは、以下のようなキャッシュバックとdポイントのプレゼントがあります。

プランキャッシュバック額dポイント
10ギガプラン35,000円17,000pt
1ギガプラン25,000円2,000pt

キャンペーンを利用すれば、大きなキャッシュバックに加えて、dポイントも手に入れられます。

1ギガプランでは25,000円のキャッシュバックに加えて、dポイント2,000ptがもらえます。一方、より高速な10ギガプランを選ぶと、35,000円のキャッシュバックと17,000ptプレゼントです。

NNコミュニケーションズからの申し込みは、現金のキャッシュバックとdポイントの両方をお得に手に入れる絶好の機会です。

以下のボタンからドコモ光代理店NNコミュニケーションズのキャンペーンサイトへアクセスできます。今ならキャッシュバック最大35,000円進呈中です。キャンペーンはいつ終了するかわかりません。お早めにご確認ください。

\キャッシュバック35,000円進呈

振込は最短1ヵ月!

ドコモ光へ事業者変更する際の注意点3つ

ドコモ光へ事業者変更する際の注意点3つ
ドコモ光へ事業者変更する際の注意点3つ

ドコモ光への事業者変更を考える際、注意点がいくつかあります。

事業者変更の注意点3つ
  • 解約違約金がかかる
  • オプションは自動解約にならない
  • 月額料金が2重で請求される

解約違約金が発生する可能性があることを理解しましょう。乗り換えると、現在利用している光コラボ事業者によっては、違約金が必要になる場合があります。違約金は戸建てで5,000円~6,000円、マンションでは4,000円~5,000円が多いです。

しかし、ドコモ光公式では解約違約金負担キャンペーンをおこなっており、最大11,000ptをdポイントで還元してくれます。キャンペーンを活用すれば、違約金の心配なく乗り換えができます。

オプションサービスについても注意が必要です。乗り換えにともない、自動的に解約されないオプションがあります。引き継げないオプションは自分で解約手続きをしなければ、料金が発生し続ける可能性があります。どのオプションが自動解約されるかを確認することが大切です。

月額料金の2重請求のリスクがあります。ドコモ光への切り替え月には、以前の光コラボ回線とドコモ光の両方から料金が請求されることがあります。月の途中での切り替えをおこなった場合、ドコモ光は日割り計算になりますが、利用していた光コラボ回線は日割りにならないことが多いです。

2重請求を避けるためには、月初めまたは月末に切り替えると良いでしょう。切り替えの日程を決める際には、ドコモ光サービスセンターに相談することも重要です。

以上の注意点を頭に入れておくことで、ドコモ光へのスムーズな乗り換えが可能となります。

注意点1:解約違約金がかかる

ドコモ光へ事業者変更を検討する際、おさえておくべき注意点は解約違約金です。

光コラボ事業者からの乗り換え時、違約金が発生することがあります。違約金は、光コラボ事業者によって異なります。

事業者変更承諾番号を取得する際に、違約金の有無を確認することが大切です。

違約金が発生する場合、戸建てでは約5,000円~6,000円、マンションでは約4,000円~5,000円が相場となっています。

しかし、心配は不要です。ドコモ光公式では、違約金負担キャンペーンを実施中。違約金が発生してもdポイントで最大11,000pt還元してくれます。違約金の実質的な負担を軽減できます。

キャンペーンを利用することで、違約金の心配なくスムーズに乗り換えることが可能です。

以下のボタンからドコモ光公式のキャンペーンサイトへアクセスできます。違約金を0円にして申し込みたいなら、ドコモ光公式サイトをご活用ください。

\dポイント20,000pt進呈

さらに他社違約金11,000pt還元

注意点2:オプションは自動解約にならない可能性あり

ドコモ光への事業者変更時には、オプションサービスの扱いにも注意が必要です。

契約していた光コラボ事業者で利用するオプションがある場合、ドコモ光に引き継がれるかどうかは、オプションによって異なります。

自動で引き継がれるオプションもあれば、引き継がれないものもあります。引き継げないオプションは、自分で解約手続きをおこなう必要があります

解約手続きを忘れると、乗り換え後も引き続きオプション料金が発生します。乗り換えを検討している場合は、どのオプションが自動解約されるのか、または自分で解約する必要があるのかを事前に確認することが大切です。

事業者変更をスムーズにおこなうためには、契約しているオプションの確認と適切な手続きが重要です。不要な費用を避け、安心してドコモ光へ乗り換えましょう。

注意点3:月額料金が2重で請求される可能性がある

ドコモ光への事業者変更を考えている際、月額料金が2重で請求されるリスクにも注意が必要です。

光コラボ回線からドコモ光への切り替えを月の途中でおこなった場合、切り替え月は両方の回線から料金が請求されのです。

ドコモ光の料金は日割り計算されます。光コラボ回線の料金は、日割りにならず、月の途中であっても満額請求される可能性があります。

2重請求を避けるためには、月初めまたは月末にサービスの切り替えをおこなうのがおすすめです。

2重請求が不安なら、ドコモ光サービスセンターに連絡し、最適な切り替え時期について相談すると良いでしょう。

以下の関連記事では、ドコモ光の料金についてまとめています。料金について知りたい、あなたは以下の関連記事をご覧ください。

ドコモ光の事業者変更とは、光コラボ回線から乗り換えること

ドコモ光の事業者変更とは、光コラボ回線から乗り換えること
ドコモ光の事業者変更とは、光コラボ回線から乗り換えること

ドコモ光の事業者変更とは、光コラボ回線から乗り換えることです。

光コラボ回線とは、NTT東日本やNTT西日本が提供するフレッツ光のケーブルを使用したインターネット回線です。正式には光コラボレーションモデルと呼ばれています。

光コラボ回線では、自宅に光ケーブルが引かれています。ドコモ光に乗り換える際、新たにケーブルを引く必要はありません。

面倒な工事をすることなく、簡単な手続きだけでスムーズにドコモ光への乗り換えが実現できるのです。

事業者変更は、時間とコストを節約できます。工事不要であることから、乗り換えにともなう手間や待ち時間が大幅に削減され、快適にインターネット環境を整えられます。

しかし、注意すべき点も存在。例えば、違約金が発生するケースです。事前に契約内容を確認することが重要です。

以下の関連記事では、ドコモ光の乗り換え(新規・事業者変更・転用)についてまとめています。乗り換えについて詳しく知りたい、あなたは以下の関連記事をご覧ください。

ドコモ光へ事業者変更する手順やメリット・注意点などのまとめ

ドコモ光へ事業者変更する手順やメリット・注意点などのまとめ
ドコモ光事業者変更のまとめ

ドコモ光への事業者変更は手順が7つありました。

事業者変更の手順
  1. 事業者変更承諾番号を取得する
  2. ドコモ光に申し込む
  3. 代理店から電話がかかってくる
  4. 開通日を確認する
  5. 書類が届く
  6. ドコモ光へ切り替えをおこなう
  7. ドコモ光の利用を開始

事業者変更のメリットは3つ。

  • ドコモ光セット割による月額料金の割引
  • 工事不要で乗り換え可能
  • キャッシュバックやdポイントのプレゼント

メリットにより、コスト削減や、より良いインターネット回線への乗り換えが可能です。

一方で、事業者変更には注意点もありました。

  • 解約違約金の発生
  • オプションは自動解約にならない
  • 月額料金の2重請求

ドコモ光への事業者変更は、しっかりと手順を踏めば大きなメリットを受けられます。インターネット回線をより快適なものにする絶好の機会です。

当記事を参考に、スムーズで快適なドコモ光へ乗り換えてみてください。

以下のボタンでは、ドコモ光代理店を比較してまとめています。ドコモ光の申し込みで失敗しない代理店を厳選して2社紹介。今ならキャッシュバック最大35,000円進呈中です。事業者変更での乗り換えを検討中ならぜひ参考にしてください。

絶対に失敗しない窓口は2社

ドコモ光代理店徹底比較

この記事を書いた人

光回線に詳しいWEBライター。5年以上の実務経験を生かし、契約のポイントや速度を上げるテクニックなど、光回線選びの参考になる情報をわかりやすくお届けします。ぜひ記事を読んで、インターネットをお得に利用する手助けができたら幸いです。

この記事を監修した人

桂一
「」

NNコミュニケーションズでチームリーダーを務め、通信分野25年の豊富な経験を有しています。最新の業界動向に精通し、新しい才能の育成にも注力。顧客からの厚い信頼は、私の深い知識と豊かな実績の賜物です。インターネット接続技術に精通しており、専門性を生かしてブログの監修をおこなっています。当サイトは、あなたが直面する課題を深く理解し、最適な解決方法の提示が目的です。

目次